花鳥風月

〜美しい和の文化〜
<< 日本酒と楽しむ秋の気配 | main | 床の間で感じる日本の美 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    大東亜戦争という名に込められた意味
    0
      私は昭和50年に入ってから生まれたので、完全に戦後教育で育って来た世代です。高度成長期を経て、世界でも有数の経済大国になった頃に生まれています。そんな私達は先の戦争のことを、「第二次世界大戦」または「太平洋戦争」と授業や教科書から習ってきました。確かに「大東亜戦争」と昔の人は呼んでいたらしい、というレベルでは知っていましたが、その言葉が何を示しているのかを知る由もありませんでした。「太平洋を昔の言い方では大東亜と呼んでいた」程度の理解しかないのです。

      ご存知の通り、明治維新以降の世界情勢は正しく白人の支配する世界であったことは疑いの余地はありません。アジア諸国が欧米の植民地に次々となっていくような時代においては、アジア人は白人にとって蔑まされて当然の種族だったと考えられていたのでしょう。そんな時代に日露戦争に勝利した日本は、当時のアジアでは唯一といっていい、白人社会に立ち向かえる国であったのだと言われています。そんな日本が提唱したのが、「大東亜共栄圏」なのです。アジア人が国際社会で対等に渡り合えるための国際的枠組み、それが「大東亜」の考え方だったのです。

      しかし、私達、戦後教育を受けてきた日本人は一切そのことを教育されていません。日本が戦争をしたのは侵略戦争だったのだと、教えられてきました。当時の軍部が暴走をして侵略を繰り返した結果の戦争だった刷り込まれているのです。果たして侵略戦争だったのでしょうか?もし、侵略戦争だったとすると、なぜ日本人は日本国外に多くの小学校を設置したのでしょうか?それは「日本色に染めるため」だったと、さも当たり前のように言われていますが、侵略だとするとどうしてそこまでする必要はなかったのではないでしょうか。その真意は、現地の人達の教育水準を向上させることで高度な文明を築くことにあったと言われています。つまり、アジア人の教育水準の引き上げを行うことで、アジア人の地位向上も狙っていたのです。これは、アジアの人達に一定の貢献がなされているはずです。しかし、このように貢献した面を教えられたこともありません。もちろん、同級生と議論したこともありません。「考えないように、バカになるように、教育されてきた」としか言いようがありません。

      日本人が先の戦争につけた名称「大東亜戦争」は、単なる太平洋戦争の言い換えなだけではなく、欧米列強に立ち向かい、新たな枠組みである「大東亜共栄圏」を作りたいという、当時の日本人の心意気なのです。何とも誇らしげな名称だと思いませんか?日本人ぽい考え方だとおもいませんか?その根底に流れているのは、私達の遺伝子に組み込まれている「和」の心なのです。

      私達日本人はそれほどまでに邪悪な国民だったのでしょうか?そんなわけはありません。私達の先祖がそんな悪い国民でないというのは私達が一番良く知っているはずです。日本という国に誇りを持ちましょう。私達の歴史を正視する時が来たのです。

       
      | 戦争 | 22:33 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:33 | - | - |
        コメント
        コメントする









        PROFILE
        CALENDAR
        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        LINKS
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        モバイル
        qrcode
        PR