花鳥風月

〜美しい和の文化〜
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    床の間で感じる日本の美
    0
      JUGEMテーマ:マイホーム
      本年建てた我が家には最近作る人が減ったと言われる和室を作りました。その和室の一角には、簡易な作りの床の間があって、入居以来ほとんど手つかずのままの状態でした。元々は、自宅を持つ時には本格的な和室が欲しいと思っていたのですが、実際に探し始めてみるとなかなか手が届かないのも事実で、折り合いを付けて小さな和室と簡易な床の間という組み合わせでした。

      引っ越し後、やっと落ち着いてきたので、床の間らしくしたいと思い、掛け軸、花入れを探しました。茶の湯における茶室には床の間は欠かせないものだと聞いていますし、そこに飾る掛け軸、花入れもやはり日本の文化を表す代表的なものだと聞いていましたので、分からないながらも何か私自身で納得のできるものを手に入れようと思っていました。

      掛け軸ですが、茶の湯では、禅に通づる書などのものが多いらしいのですが、確かに書を掛け軸にしたものはしっくりときます。ただ、茶室でもないので、華やかな日本絵画も捨てがたい。そうこうしているうちに実は実母が和歌の書を掛け軸にしていると聞いて、その1つを頂いてきて掛けることにしました。親としても息子の新築の床の間に飾られるということで嬉しい様子でしたので、親孝行も出来たようです。

      もう1つ花入れですが、これは実は以前から頂いていた美濃焼をいつかは飾りたいと思っていました。それを出してきて飾ることにしました。落ち着いた感じの花入れの佇まいは、細筆で欠かれた和歌の書とバランスもよく、初めての床の間としては上出来だと思っています。

      さて、私事をつらつらと書いてしまいましたが、この床の間を作るという経験は、今まで真剣に触れてこなかった、床の間に表現される日本の美を感じる事が出来ました。様々な床の間の画像を見ているだけでも、自分の美的感覚の引き出しを一つ二つと増やす事ができたのではないかと思っています。また、自分自身の自宅に床の間を作り、毎日欠かさず眺める事が出来るというのも、また一つ、日本人として一人前に近づいたのではないかと思っています。

      床の間で感じる日本の美、これからも勉強していこうと思います。
       
      | 日本建築 | 18:25 | comments(0) | - |
      大東亜戦争という名に込められた意味
      0
        私は昭和50年に入ってから生まれたので、完全に戦後教育で育って来た世代です。高度成長期を経て、世界でも有数の経済大国になった頃に生まれています。そんな私達は先の戦争のことを、「第二次世界大戦」または「太平洋戦争」と授業や教科書から習ってきました。確かに「大東亜戦争」と昔の人は呼んでいたらしい、というレベルでは知っていましたが、その言葉が何を示しているのかを知る由もありませんでした。「太平洋を昔の言い方では大東亜と呼んでいた」程度の理解しかないのです。

        ご存知の通り、明治維新以降の世界情勢は正しく白人の支配する世界であったことは疑いの余地はありません。アジア諸国が欧米の植民地に次々となっていくような時代においては、アジア人は白人にとって蔑まされて当然の種族だったと考えられていたのでしょう。そんな時代に日露戦争に勝利した日本は、当時のアジアでは唯一といっていい、白人社会に立ち向かえる国であったのだと言われています。そんな日本が提唱したのが、「大東亜共栄圏」なのです。アジア人が国際社会で対等に渡り合えるための国際的枠組み、それが「大東亜」の考え方だったのです。

        しかし、私達、戦後教育を受けてきた日本人は一切そのことを教育されていません。日本が戦争をしたのは侵略戦争だったのだと、教えられてきました。当時の軍部が暴走をして侵略を繰り返した結果の戦争だった刷り込まれているのです。果たして侵略戦争だったのでしょうか?もし、侵略戦争だったとすると、なぜ日本人は日本国外に多くの小学校を設置したのでしょうか?それは「日本色に染めるため」だったと、さも当たり前のように言われていますが、侵略だとするとどうしてそこまでする必要はなかったのではないでしょうか。その真意は、現地の人達の教育水準を向上させることで高度な文明を築くことにあったと言われています。つまり、アジア人の教育水準の引き上げを行うことで、アジア人の地位向上も狙っていたのです。これは、アジアの人達に一定の貢献がなされているはずです。しかし、このように貢献した面を教えられたこともありません。もちろん、同級生と議論したこともありません。「考えないように、バカになるように、教育されてきた」としか言いようがありません。

        日本人が先の戦争につけた名称「大東亜戦争」は、単なる太平洋戦争の言い換えなだけではなく、欧米列強に立ち向かい、新たな枠組みである「大東亜共栄圏」を作りたいという、当時の日本人の心意気なのです。何とも誇らしげな名称だと思いませんか?日本人ぽい考え方だとおもいませんか?その根底に流れているのは、私達の遺伝子に組み込まれている「和」の心なのです。

        私達日本人はそれほどまでに邪悪な国民だったのでしょうか?そんなわけはありません。私達の先祖がそんな悪い国民でないというのは私達が一番良く知っているはずです。日本という国に誇りを持ちましょう。私達の歴史を正視する時が来たのです。

         
        | 戦争 | 22:33 | comments(0) | - |
        日本酒と楽しむ秋の気配
        0
          JUGEMテーマ:日本酒
          秋の気配を涼しい風と虫の鳴声で感じる最近ですが、そんな秋の気配を楽しむために欠かせないのが、やっぱり日本酒です。

          個人的には、仲間同士でわいわい語らい酔っぱらうには焼酎、ゆっくり楽しむのは日本酒と思っているので、秋が感じられるこの時期には日本酒を呑みたくなります。

          日本酒はその名の通り、日本独自のお酒で、長い歴史があります。各地に様々な蔵元があり、その土地にあった特徴的なお酒が作られています。ですから、色々な銘柄のお酒を取り寄せて飲むのも楽しみのうちの1つです。

          例えば、旅行に行った先の日本酒を取り寄せるのもいいですし、故郷のお酒を飲むのもいいですね。故郷のお酒はやっぱり格別ですから。

          ということで、数多くある日本酒を検索するのに最適なサイトを見つけました。
          「酒仙人」というサイトです。
          http://www.sake-sennin.com

          さてさて、今日も涼しく秋めいた夜です。日本酒片手に外を眺めながら美しい日本を感じましょう。
           
          | お酒 | 19:58 | comments(0) | - |
          天然竹の筆ペンで「書」を日常生活に取り入れる
          0
            JUGEMテーマ:書道
            先般、お気に入りのインテリアショップ「LIVING MOTIF」(http://www.livingmotif.com/shop/)のオンラインショップで筆ペンを見つけました。

            あかしやの天然竹で出来た筆ペンです。
            http://www.livingmotif.com/shop/products/detail/12642

            実は、日本の美しい文字を毛筆で書くというスタイルを少し生活に取り入れてみたいと考えているのですが、実際に生活していると墨をすることから始める従来の書道具ではなかなか定着しないという悩みがありました。そこで毛筆の要素が少しはある筆ペンを購入してみようと考えていたのです。
            ところが、最近の筆ペンはプラスチックで出来ていて、何となく質感がなく、そのまま他のボールペンと同じくペン立てに放り込まれて忘れ去り、結局あまり普段使いはしないということになりがち。だから、質感のある筆ペンを探していたのです。

            あかしやは360年の歴史を持つ奈良筆の技術を継承する老舗のメーカーだそうです。この筆ペンは天然竹の軸だけあって雰囲気もあって、これなら質感も期待できるのでは、と思い購入しました。

            実際に到着すると、その木箱の雰囲気も良いし、質感も期待通り。次に、書き味ですが、ほとんど一般的なサインペインと変わらないような筆先ですが、この筆ペンはしっかりと腰があって毛筆に近い感じがします。

            これで普段の生活にも毛筆を手軽に取り入れられるのではないかと思っています。朝、心を落ち着かせて書くものいいかもしれませんね。

            日本の美しい書の雰囲気を感じて生活していきたいものです。

             
            | 書道 | 09:42 | comments(0) | - |
            「茶の湯」は日本を知ることに繋がる
            0
              JUGEMテーマ:茶道
              十代、二十代の時には全くと言っていい程、興味のなかった「茶道」が最近気になります。私の母が茶道の師範なのですが、一切教わってきませんでしたし、茶の湯の話題にもなったことがありません。

              しかし、茶道には知れば知る程、日本の文化が凝縮されていると思います。

              作法はもちろん、建物から小物に至るまで全てが完成された日本の文化なのだと思います。今更ながらに母に教えを請うのは何だか気恥ずかしいし、かと言って茶道教室の門をたたくもの敷居が高い。ということで、基礎知識を身につける為に、このムック本を手にしたわけです。

              内容は茶道そのもののことや茶道が発展して来た歴史環境など、非常に広範に渡って解説されていますので、特に男性などは興味が沸くのではないかと思います。

              さて、私自身は、この本で基礎知識は仕入れたのですが、実際に経験してみたくなりました。日本の文化が集積された「茶道」にちょっとのめり込んでみようかと思います。
              | 茶の湯 | 20:32 | comments(0) | - |